イメージ画像

失礼のないように。
感謝の気持ちを伝えるために。

礼状ってどんなときに書くの??

お礼状というものはその名の通り何かを頂いたときにその感謝の気持ちを表すものとして相手に差し出すものです。

普段から親しくしている友人などから何かプレゼントなどをもらったときはその感謝の気持ちを言葉、もしくはメールなどで表すことがほとんどだと思いますが、目上の方やビジネス上の付き合いをしている方に対してはちょっと形式ばったお礼状を使用することが多くなっています。

そんなお礼状の必要な場面ですが、普段のときでしたら、入学祝いや出産祝い、もしくは結婚祝いなどで何かお祝いをいただいたときのお返しをするときに。

そしてそれらのお祝い事の他にも、お香典や何か災害にあったときにいただいたお見舞いに対してもお礼状は書かれることがほとんどです。

確かに感謝の気持ちはあるけどそんな小難しい文章なんて書いたことないよ…。

そんな方も多いでしょうが、形式ばった文章というものは実は雛形というものがいくつかあり、極端な話それらの例文を丸写してしまえば用が足りてしまいます。

丸写しでは感謝の気持ちが足りない、ともしかしたら感じるかもしれませんが、実際には多くの人はそれで済ましてしまっていることも事実です。

そんな方たちでもしっかり感謝の気持ちは持っているでしょうし、何より礼状の例文などにはしっかりとした日本語が使われていますので、それが相手にとっての思いやりになることもあります。

そういったことを踏まえて、お礼状を書くときにはあまり頭を悩ませず、例文などを積極的に利用するようにしましょう。

お礼状は最低限のビジネスマナー

学生のうちには中々お目にかかることのないお礼状ですが、社会人になるともちろん大学生や高校生で就職を控えている人にとってもお礼状の書き方というのは覚えておくべきことになってきます。

お礼状一つで何かが劇的に変わるということは決してありませんが、こういったちょっとしたところで自分の評価を下げてしまうという可能性は十分にありますので一つのマナーとしてお礼状の書き方を覚えておくということは重要になってくるでしょう。

かといってお礼状に関しては本などをしっかりよんで、その書き方をマスターするといったことは必要ありません。

「ん?こういう時ってお礼状は必要?」

こう考えたときに自分で色々と調べるなり、他の人から聞くなりして、そこから場面に応じた書き方を覚えれば良いだけです。

そのためにもお礼状というものがあるということをしっかりと知っておき、お礼状が必要な場面と必要でない場面というものの経験をしっかりと覚えていきましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ