結婚式の礼状の書き方と例文

結婚式に参加してくださった方や結婚祝いを頂いた方に対してお礼状を贈ることが一般常識として知られています。

この結婚式のお礼状に関しては、特に贈らなければならない時期などのきまりはありませんが、なるべく早い時期の方が良しとされていますので、結婚式が終わりちょっと落ち着いたらお礼状を出すようにしましょう。

この結婚式のお礼状ではまず、時候の挨拶から始まり、そして品物などを頂いた場合にはそのお礼、そして最後に新居に立ち寄ることのお願いの順に書かれることがほとんどです。

目上の方にお礼状を贈る場合は例文などをみて、ちゃんとした形式で。

親しい友人などに送る場合は、自分なりの自然な表現を使用しても問題ありません。

また、目上の方に送る場合は文章の最初に「前略」を使用してしまうと失礼に当たることがありますので、なるべく使用は避けるようにしましょう。

結婚式の礼状の例文

結婚式においての礼状の例文を以下にご紹介しておきますのでご参考にしてください。

拝啓
○○の候、皆様方にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は、私たちの結婚にあたり、温かいご祝詞、また多大なお心遣いを頂戴しまして厚く御礼申し上げます。
近くにお越しの際には是非新居の方にも遊びに来られてください。
皆様方のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。
敬具



サブコンテンツ

このページの先頭へ