四月・五月・六月使う季語・時候の挨拶

春 季語

四月・五月・六月と言えば春の中盤から夏にかけての季節ですね。

相手に子供さんがいらっしゃれば新しい環境に子供が移る季節でもありますし、またゴールデンウィークなどで行楽を楽しむ時期でもありますね。

そんな相手の幸せな表情を思い浮かべて手紙を書けば、とても心のこもった文章をまた書くことができるのではないでしょうか。

【四月・五月・六月使う季語・時候の挨拶】

  • 四月
    温暖の候となりましたが、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
    陽春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 五月
    新緑の候、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
    若葉の候、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。
  • 六月
    初夏の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
    青葉若葉のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

この季節はやはり暖かさや新芽を出す植物などに関する季語が多くなっていますね。

さわやかな印象を相手に与えるためには非常に最適な季節ではないでしょうか。



サブコンテンツ

このページの先頭へ