快気祝いの礼状の書き方

快気祝いは入院などをしていた人が御見舞いをもらったり、その他お世話になった人に対して贈るものです。

本来であれば怪我や病気が全快したら家に招いて食事などをするものなのですが、最近ではやはり贈り物をおくることがほとんどのようです。

入院中などは体だけでなく、精神的にも弱っていることが多いので、そのときにお世話をしてくれた人というのは非常にありがたい存在だったでしょう。

その際に感じた素直な感謝の気持ちを快気祝いと同時に、礼状という形にしてしっかり相手に伝えるようにしましょう。

快気祝いでの礼状は退院をしてからできるだけ早くというのが原則ですが、目安として10日以内と覚えておくと良いでしょう。

これはあくまで目安ということなので、退院した次の日などでももちろん全く問題ありません。

また一般的に快気祝いでは「綺麗に治った」という意味合いを込めて、石鹸や洗剤、もしくは何故か砂糖という後に残らないものを贈ることが多くなっています。

表書きは全快した場合に限り「快気祝い」
退院はしたけど通院の必要がある場合は、「快気内祝」
とし、水引きは「結び切り」とします。

そして沿える礼状には、お見舞いに来てくださったことへのお礼、そして自分の現在の状況とこれからの見通しなどを伝えると良いでしょう。

快気祝いに関してはお礼の意味合いももちろんあるのですが、自分の現状の報告という大事な役目もありますので、必ず忘れないように早めに贈るようにしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ