香典返しに添える礼状の書き方

近頃は葬儀になどに参列してくれた方にはその場から帰る際に香典返しを手渡してしまうことも多くなっているようです。

本来香典返しは葬儀がつつなく終了し、ある一定の期間を過ぎてからお礼状を添えて出すのが一般的だったようですが、良い意味で効率的になってきたということなのでしょうか。

しかし香典を頂くというのは、何も参列者に限ったことではありません。

止むを得ない理由で葬儀に参列できなかった方や、遠慮して葬儀に参加しなかった方などは香典を郵送してくる場合が多くなると思いますが、こういった際にはしっかりと香典返しと共に礼状を添えたほうが良いでしょう。

香典返しの礼状の場合、普通の礼状と違い「、」「。」などの句読点は使用しません。

これは葬儀や法事がとどこおりなく流れますようにという意味や、つつがなく終わりましたという意味を込めたものであり、知らない人も多いので多少注意を払った方が良いでしょう。

最近はデパートなどでこういった香典返しの礼状の雛形などをくれることも多くなっているようですので、心配な方はそういったものをそのまま手書きなどに変えて添えても良いかもしれませんね。

香典返しの礼状の文例

香典返しの礼状の文例を載せて置きますので、是非ご参考にしてください。

拝啓

先般 亡祖父◯○○○儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重なる御厚志を賜り有難く厚くお礼申し上げます

葬儀の際は取り込み中にて万事不行届きにて申し訳なく存じております

お蔭をもちまして○月○日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました

つきましては供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたします 何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます

茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬ ご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが 略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬具



サブコンテンツ

このページの先頭へ