教育実習後の礼状の書き方と宛名

大学生などで先生などを目指している方は必ず教育実習というものを行いますが、この教育実習後にはしっかりと礼状を出すようにします。

教育実習の際の礼状には実習を一通り終えてから1週間以内というのが一般的になっており、その際には校長先生や教頭先生だけでなく、担任の先生また同時に担当になったクラスの生徒さんたちを宛名として別々に送るようにしている方が多くなっているようです。

生徒さんに向けた礼状ではくだけた文章で構いませんが、それ以外の人を宛名にする場合は文章の初めには「拝啓」を。

そして文章の最後には「敬具」を使用した形式的な文章を使用するようにしましょう。

また学校によっては出された礼状を校内に張り出す所もあるようですので、同じ学校で色々な人に礼状を出す場合はなるべく同じ文章を使用するのは避けるようにします。

この教育実習の礼状は普通の礼状とはちょっと状況が違いますので、例文などはある程度を参考にしっかりと自分の言葉で書いたほうが良いでしょう。

実習中には教育の現場でしか味わえない貴重な経験もしたでしょうし、そこから感じる部分も多くあったはずです。

それら自分の感じたことを素直にどう思ったかなどを素直に書いてみましょう。

普段の礼状ではなるべく簡潔にということがルールとなっていますが、この教育実習の礼状に関しては便箋に2枚も3枚も使用する人も少なくないようですよ。

教育実習が小学校などで行われた場合は、生徒宛てに書いた礼状などには可愛いらしい封筒などを使用すると生徒たちも喜んでくれるようです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ