ビジネス上のお礼メールの書き方

今でもお礼状などは手書きの手紙で渡すと言う方も多いでしょうが、このご時世ですから当然色々なお礼をメールで行うと言う方も多いはずです。
特に手紙でなくメールでお礼状を送るからと言って失礼なことはありませんし、読む側としてももしかしたら人によっては読みにくい手書きのものよりも簡単に読めるものとして喜ばれるかもしれません。

しかしビジネス関係でお礼をメールで送る場合にはやはり友人などに送るものとは違い、それなりに気をつけたいマナーも色々とあります。

手軽に送れるメールですのでそういったマナーなどが疎かになってしまうこともあるかもしれませんが、是非次の最低限のマナーには注意をするようにしましょう。

【ビジネスでのメールマナー】

  • 件名は必ず入れる!
    よく件名を入れずにメールをしてくる方も多いですが、実は件名がないとメールも見ないでゴミ箱に捨ててしまうと言う方も多いです。
    また件名を入れないことがマナー違反だと考えている方も中にはいらっしゃるので注意が必要です。
  • 文章の初めは必ず挨拶から!
    まずは文章の初めに「いつもお世話になっております。」
    ビジネスメールの基本中の基本ですね。
  • 用件は簡潔に!
    メールを送るということは相手にメールを読ませる時間を取らせるということです。
    伝えたいことは簡潔そして明瞭に書きましょう。
  • 文末に必ず署名をつける!
    電子メールなどにはほとんどの場合自分の氏名や会社名、電話番号やメールアドレスを記すことの出来る署名機能がついています。
    この機能をしっかりと利用して文章の最後には自分の情報を相手に知らせるようにしましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ