七月・八月・九月使う季語・時候の挨拶

夏 季語

この季節は梅雨、そして湿気の多い夏の季節でぐったりしている人もいれば、外で活動的になっている方もいらっしゃるでしょう。

好き嫌いがはっきりと分かれるこの季節ですが、そんな季節でも一時の喜びを与えられるようなそんな手紙を送ってあげたいものですね。

手紙の紙などを水色のものを使ったり、涼しい感じのする挿絵を使うなどの一工夫で相手を喜ばせるなんてのも良いかもしれませんね。

【七月・八月・九月使う季語・時候の挨拶】

  • 七月
    初夏の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
    うっとうしい季節となりましたが、皆様にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
  • 八月
    暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
    残暑厳しいおりから、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
    立秋の候、皆様にはますますご多忙のことお喜び申し上げます。
  • 九月
    初秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
    新涼のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ