入学祝いのお返しは必要?

入学祝い お返し

子供が小学校や中学校などに入ったときに入学祝いを頂く場合も多くあると思います。

この入学祝いは親族の間だけで贈られるものですので、原則お返しは必要ありません。

学生には収入というものがありませんので、入学祝いを贈る側としても最初からお返しというものは期待していませんし、元来そういうもののようです。

しかしせっかく頂いたものですから、何もお返ししないのも忍びないという場合はお礼状程度のものを贈るようにする方も多いようです。

時候の挨拶から始まり、感謝の気持ちを述べつつ子供の様子などを書いていけば、読む側としても嬉しいでしょう。

また子供がこのお礼状を書く場合はそこまで形式にこだわる必要はありません。

「ありがとう」という気持ちを素直に手紙に書けばそれだけで受け取る側からすれば非常に嬉しいものです。

もしまだ子供が文字を書けないという場合は親が代わってお礼状を書き、そして子供は電話でお礼を言っても構いません。

ちなみに中高生になってからでも入学祝いのお礼は電話で済ませてしまうという方も多いようです。

このお礼状も入学祝いのお返しに関しては必ず送らなければならないというものではありません。

もちろん電話でお礼を述べる程度のことは必ず必要になってきますが、あまりお返しのことは考えず素直にお祝いを受け取るようにしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ