お見舞いの際に気を付けるべきマナー

友人や知人が怪我や病気などを不意にしてしまったとき、場合によっては長期の入院が必要となる場合もあります。
これはもちろん他人だけでなく、自分自身にも振りかかることもあるものなのですが、普段何ともなくてもある日突然入院をしなければならなくなる事態というのは本当に起こりうるものなんですね。

私の場合友人や知人などもそうなのですが、私自身も経験があったりします。

自分が入院をしなければならなくなったときなどは、治療に専念するというある意味簡単な方法で済むことになるのですが、友人や知人が入院したときなどにはやはり励ましてあげるといった意味でお見舞いというのは非常に重要になってくるでしょうし、その際どのような心がけのようなもので行くべきかというのは中々悩むものだったりもします。

私も実際に入院はしていたことがあるので分かるのですが、どんなに普段強気な性格な人でも入院をするとあっという間に不安というものに心に埋め尽くされます。

怪我や病気の不安。
そして病室という無機質な部屋に何もせずにいると、何故だか段々とネガティブな気持ちになってくるんです。

そんなときの心の救いとなるのが友人や家族などのお見舞いであって、ただちょっと顔を見せてくれるだけでも随分と安心した気持ちになったりするのですね。
入院生活という異様な空間から普段顔を合わせている人を見ると、たとえ錯覚でも普段の生活に戻ったような気がするからなのでしょうか。

実際に友人などが入院をしたと聞くと、「お見舞いに行ったところで何かしらの迷惑にならないだろうか。」と考える方ももしかしたら少なくないかもしれません。

しかしあなたが入院をした人と関係が近ければ近いほど、お見舞いにただ行くということが本当に心の救いになったりもしますので、是非あまり考えすぎずにお見舞いなどは行ってもらいたいと思います。

もちろんその際に注意しなければならないマナーなどがありますので、そういった今まで知らなかったお見舞いのマナーなどをこちらではご紹介していきたいと思っています。

意外と知らない?お見舞いのマナー

お見舞いにはマナーと言いますか、ある程度の一般常識のようなものがあります。
しかし本来お見舞いなどは良心から行うものですので、このお見舞いのマナーを守らなかったとしても入院をしている側からするとあまり気になるものでもありません。

私が入院をしていたときにも本来贈ってはいけないものをお見舞いとして持ってきてくれた方がいたのですが、私自身そんなこと一切に気にもしませんでしたし、何よりお見舞いに来てくれたことが嬉しくてしようがありませんでした。

後日そのことを知った友人が謝罪のメールをしてくれたのですが、むしろそこなことに罪悪感を感じさせてしまった私が罪悪感を感じてしまったほどです。

このように入院をしている側からするとお見舞いの際のマナーなどはそこまで気になることではないと考える方も多いのではないでしょうか。

しかしいざ自分がお見舞いをする側に回ると話はまるで違ってきます。

もちろん自分がお見舞いに行くことで相手が喜んでくれるのは何よりなのですが、マナー違反をしてしまうというのは何とも受け入れがたいことです。

立場が変わることによってこの考え方が変わるというのも不思議なものですが、やはりしっかりとマナーを守ってお見舞いをしたいと考える方もきっと多いのではないでしょうか。

相手にも喜んでもらい、また自分でも気持ちよくお見舞いをするために、是非お見舞いの最低限のマナーなどはしっかりと覚えておくようにしましょう。


サブコンテンツ


このページの先頭へ