お歳暮やお中元の礼状の書き方と例文

お歳暮やお中元に関しては全ての人に礼状を送る必要はありません。

普段から親しくしている人には電話やメールなどでお礼の言葉を述べても良いでしょうし、その際に特にかしこまる必要もないでしょう。

しかし、仕事上の付き合いの人たちなどからお歳暮やお中元を頂いた場合などにはしっかりとしたお礼状が必要となります。

またこういったお歳暮などを贈るのを止めて欲しい場合などにはその旨を礼状と一緒に伝えても差し支えはありません。

親族などの親しい間柄と仕事での間柄。

どこまで親しく自分が接しているかをしっかりと見極めて礼状などの御礼の形は決めるようにしましょう。

お歳暮の礼状の例文

こちらではお歳暮を仕事関係などあまり親しくない方から頂いた場合の礼状の例文をご紹介しておきます。

是非多少の参考にお使いくださいませ。


拝啓
歳末を迎え何かとご繁忙な日々をお過ごしのことと拝察申し上げます。
平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
さて このたびはご丁重なお歳暮の品をお贈りいただきまして大変感謝しております。
寒さ厳しき折からご自愛の上、ご多幸な新春をお迎えになりますよう心からお祈り申し上げます。
まずはとりあえずお礼かたがたご挨拶申し上げます。
敬具



サブコンテンツ

このページの先頭へ