お礼メールの例文と書き方

ビジネスの場面で使うお礼のメールなどは慣れている人にとってはものの数分で書けるものかもしれませんが、人によっては慣れるまでそこまで簡単にはいかないという方もいらっしゃるでしょう。

しかしそんな方でも普段生活をしていて何回もお礼メールなどは送ることによって、どういった文章が一番自分らしいかというものも段々と見えてくるでしょう。
そのためには普段からちょっとしたことでも何かお世話になった人にはしっかりとお礼メールを送るということを習慣とするべきでしょう。

あんまりお礼もくどくなってしまうと逆に面倒に思われるかもしれませんが、基本的にはお礼を言われて悪い気のする人はほとんどいません。

特にメールだと相手の都合にあまり迷惑も掛けないものですので、何かがあった際にはできるだけお礼のメールを送るようにしましょう。


【お礼メールの文例】

〇〇様

いつもお世話になっております。
昨日はご多忙の中時間を割いていただき誠にありがとうございました。
この機会を作ってくれた〇〇様のお役に立てるようこれからも尽力してゆく所存でございますので
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------

(署名)会社名・部署名
氏名
メールアドレス
電話・FAX番号



サブコンテンツ

このページの先頭へ