インターンシップの際のお礼メールの書き方

就職を間近に控えた学生などで、体験として数日働くことのできるインターンシップ制度を利用する方も多いかもしれません。

実際に働く経験をとは言っても、そこの職場では一体どんな仕事をしてそして社員は実際にどんな考えを持っているのかを直に見る機会としてむしろ説明会のような意味合いが強い場合も多いでしょう。

こういったインターンシップを受け入れてくれる会社の場合、色々と説明してくださる方は自分の仕事の合間をぬって世話をしてくれることが多くなっています。

そんな善意でお世話になるわけですから、それに対してのお礼の言葉、もしくはお礼のメールというのはある意味絶対に必要なものだと考えておいた方が良いかもしれません。

お礼メールの注意点

インターンシップでのお礼メールを書くときにはまずは貴重な時間を割いてまでお世話をしてくれたことへの感謝の気持ち。

そして実際に職場を見てみての感想とそこからどのように自分に生かしていくかの抱負などを書き、そして最後にまた機会を与えてくれたことの感謝へとつなげていくと上手く書くことができるでしょう。

そしてその際には必ず自分の名前と所属する学校と学部などの署名を忘れずに書くようにし、誤字脱字や改行などにも注意して書くようにしてください。

お礼の気持ちというのは受け取る側からすると、ちょっとした文章でも本当に嬉しく感じるものです。

その嬉しい気持ちを最大限に引き出せるように、丁寧な文章を心がけるようにしましょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ