油の染み抜きの方法

染み抜き 油

油などは手についてしまっただけでもべとべとして中々落ちないものですが、それが洋服についてしまうとこれもまた頑固な染みとなってしまいます。
染み抜きに関しては何でもそうなのですが、まず洋服などに油が付いてしまったときは、できるだけすぐに染み抜きに取り掛かるようにしましょう。

少しでも時間を置いてしまうと、油などは本当に落ちにくくなってしまいますので、油などは特にそのことが言えるかもしれませんね。

洋服などに付いてしまった油は普通に洗濯するだけでは全くと言って良いほどその染みを落とす事はできませんので、洗濯をする前にまず染み抜きを行います。
油がついたまま他の洋服などに油が付いてしまう恐れもありますので、ここは注意しておくようにしましょう。

そこで付いてしまった油の染み抜きの方法です。

まず染みになってしまった部分をお湯につけます。
油はお湯につけると段々と浮いてくるので、これだけでもいくらか染みを落とすことができるのですね。
そしてその後に台所用の中性洗剤を使って、染みの部分を揉み洗いしてください。
この際、色物の洋服ですと色落ちをする可能性もありますので、目立たない部分でまずは色落ちがないかどうかを確認してから行うようにしてください。

そして揉み洗いをした後は、ぬるま湯などを使ってその洋服ごと洗濯をします。

私が実際に行うと、この方法だけで大体の染みを落とす事ができるのですが、もし洗濯を終えた後でまだ染みが残っているようでしたらまた同じ行程を試して見ましょう。

油は染みと同様に臭いも中々落ちないという話も聞きますが、中性洗剤で揉み洗いをしっかりとすることで十分臭いも落とすことができますよ。

※高価な洋服や大事な洋服などの場合は自分で行わず、できるだけプロにお願いするようにしましょう。


このページの先頭へ