しょうゆの染み抜きのために

普通に日本人として生活をしていると、一番作りがちな染みがこのしょうゆの染みではないでしょうか。
日本食を食している限り、このしょうゆは比較的どんな料理にも使うことがありますので、それをちょっとした不注意でこぼしてしまったなんてこともあるでしょう。

そんな醤油の染み抜きの方法ですが、まず一番大事なこととしてこれはどんな染みにでも言えることですが、染みになったから必ずすぐに染み抜きを行うということです。

特に醤油の場合、一度染みになってしまったものをそのまま放置してしまうと非常に頑固なものとなってしまいます。
醤油をこぼしてしまうときなどは恐らくほとんど料理をしているときか、また食事をしているときだとは思いますが、どちらにしてもキッチンはすぐ近くにある状況でしょうから、染みを作ってしまった場合にはできるだけすぐに行動するようにしてください。

そしてまずは染みができてしまったところを濡れたタオルなどで、とんとんと叩くようにして汚れをタオルの方に移すようにします。

そしてその後台所用洗剤である中性洗剤を水で薄めたものを作り、それを染みの部分に付けます。
こうすることで染みが布などから浮き上がってきますので、そこをまたタオルでとんとんと叩くように拭き取るようにします。

ごしごしこすってしまうと、逆に染みが広がってしまうことにもなりかねませんので、注意するようにしましょう。

このことを繰り返して行うとほとんどの場合染みが消えてなくなると思いますが、状況によっては漂白剤などを同時に利用して洗濯するとすっかり綺麗にすることができます。

色落ちが心配な場合は塩素系ではなく、酸素系の漂白剤を使用するようにしましょう。(酸素系漂白剤は家に置いておくと本当に便利なのでおすすめです。)


このページの先頭へ