自分が退院したときの感謝の気持ちを

人間いつも完璧というわけにはいきませんから、ある日突然体の具合を壊して入院をするということもあるでしょう。
その際には日頃お世話になっている人から、「えっ!?こんな人まで?」という人まで、意外と多くの方からお見舞いに来てもらったり言葉を掛けてもらうこともあります。

そんな自分のお見舞いをしてくれた方々に対しては、自分の体の具合が良くなり退院した後にはしっかりとその旨を感謝の気持ちを込めて礼状として贈るようにします。

【お見舞い礼状のマナーと書き方】

病気や怪我が回復して無事に退院となったら、できるだけ早めに、一般的には退院後10日ほどを目安としてお見舞いに来てくれた方に対してお礼状などを贈るようにします。

もしくは快気祝いとしてお見舞いに来てくれた方を招待してちょっとしたパーティーなどを開くことも良いかもしれませんね。

もしお見舞いとして金銭を受け取っている場合は、そのお返しとしていただいた金額のおよそ3分の1程度の額を包むというのがマナーとなっています。

こういった快気祝いとしては昔から後に残らないもの、消えてなくなるものを贈るという風習がありますので、お菓子や洗剤などを贈ることが一般的となっています。

快気祝いの表書きは、「快気祝い」もしくは「快気内祝い」とし、その下に今まで入院をしていた方の名前を書くようにします。
もし例え退院したとしても、自宅でさらなる療養などが必要な場合は「御見舞い御礼」とすると良いでしょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ