お礼状は縦書きがマナー?

お礼状を普段からあまり書きなれていない方にとってはほんのちょっとしたことでも分からなくなることが多いと思いますが、礼状を書くときに結構多くの人が迷うのが、「礼状は縦書きにするべきか?」ということです。

普段の生活や仕事をしているとあまり縦書きで文章を書くという習慣がないので、あまり何も気にせずに礼状を書こうとするとふっとしたときに思うこのように思う方が多いようです。

日本語の場合昔から文章を書くときは縦書きというのが一般的でしたので、当然人様などに送る手紙なども縦書きでした。

しかし最近では横書きの方が主流ともなってきており、本などでもそんな流れに沿って横書きのものが出てきているようです。

そんな時代の流れからなのか、最近では礼状の場合、縦書き、横書きはそこまで重視はされていません。

自分の書きやすい方で書けば良いでしょう。

しかし会葬の際の礼状や目上の方に礼状を送るときは、少し注意した方が良いかもしれません。

例えば香典返しの際の礼状の場合、例文などを見ると必ず縦書きで載っていますし、やはりちゃんとした礼節を守らなければならないようなときは礼状も縦書きにしておいた方が無難でしょう。

また、かなりの目上の方に対して礼状を送る場合もこのことは同様に言えます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ