弔電のお礼にメールは可能?

親族などに不幸があり、葬儀などを行った際には友人や知人から弔電を頂く場合も多いと思います。

その際にお礼として何かをしなければ。と考える方も多いと思うのですが、一般的には弔電を頂いたら口頭でのお礼の言葉を申し上げる程度でよしとされています。

しかし日頃お世話になっている方や目上の方から頂いた場合などにはやはり礼儀を持ってお返ししたいと考えることもあると思いますので、そういった際には弔電に対してのお礼状などを送る方も多くなっています。

そのそのお礼状を送る際にメールでお礼の言葉を書くという方もいらっしゃるようですが、これはマナー上特に問題はありません。

しかし先ほど言った目上の方などに対してはもしかしたら失礼と感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、そういった方には実際にお会いして口頭でお礼の言葉を述べるか、葉書などでお礼状を送った方が無難と言えるでしょう。

たとえ口頭でも葉書でもメールでも送る方の感謝の気持ちがこもっていれば特にそれらは問題ないように思います。

しかし頂いたご好意に対しては必ず感謝の気持ちを表すということは日頃から忘れないようにしておきたいですね。



サブコンテンツ

このページの先頭へ