短い入院期間でのお見舞いは?

最近では医療の技術も進んできたせいかどんな病気でも昔ほど長期の入院が必要となる場合も少なくなってきているようです。
長期の入院が必要となった場合にはそこまで迷いもせず、「お見舞いに行こう。」と考えられるかもしれませんが、1週間や4,5日程度の入院と聞くと、そんな短期間の入院にお見舞いが必要かどうかというのも迷う人もいらっしゃるかもしれません。

一般的にお見舞いに行く場合には入院してから4,5日経ってから、というのがマナーとなっていますので、そのような短期間の入院ではお見舞いをする時間もないのではないかとた確かに考えられるものでもありますよね。

しかし入院期間が上のように短期ということは、病状もそこまで深刻ではないと考えられるものでもありますので、友人や知人などがそのような短期間の入院をした場合には、入院をしたその1日後にお見舞いをするという方も多くいらっしゃいます。

そもそも短期間の入院ですから、治療などは一日目に終わっていることが多いのでしょう。
そういった場合などにはいくら一般的にある程度期間が経ってからの方が望ましいお見舞いでも例外ということになりますね。

それでももちろんお見舞いをする際には、事前に家族や本人などに連絡を取ってお見舞いが可能かどうかを聞くことは必要ですが。

いくら短期間の入院とは言え、患者が肉体的にも精神的にも参っているの場合というのはきっと多いと思います。

入院している本人はこんな短期間でお見舞いに来させるのは申し訳ないと、あなたのお見舞いを断る場合もあるかもしれませんが、もし時間に余裕があるのであれば、人助けだと思って是非病院に足を運んであげてみてはいかがでしょうか。



サブコンテンツ


このページの先頭へ